2017
    05.30

    田んぼから住宅地へ

    Category: 徒然日記
    私の住む町は、小さな小さな田舎町です。
    この場所に引っ越してきて20年を超えました。


    周りは田んぼだらけだったのですが・・・この20年間の間に
    沢山の住宅が建ち、アパートが何棟も建設されました。
    しかも・・30年以上も連続して人口が増え続けているそうです。


    車がないと不便な地域ではあるけれど、買い物は凄く便利で
    食材も安くで買えるし、お肉と野菜が特に特売価格で買えるせいか
    私の住む町は、ベットタウンとして人気があるようです。


    農業、畜産が盛んな町でもあり、同じ町内のFさんの和牛が
    和牛オリンピックで連続日本一位に輝いています。あまりにも
    普通の事のようで、地元の人達はピンと来ないのかもしれませんが
    これは、凄い事と思います。日本最高レベルの和牛がご近所に
    居るのですから。


    今後も、この町は人口がどんどん増えて行くと思われます。
    国内では、レアなケースらしいので今後、どんな風に変わって
    いくのかも見てみたいと感じるこの頃です。
    関連記事
    スポンサーサイト

    back-to-top