新燃岳の活動

    2018/03/09
    mamiyaze9898p230.jpg
    Mamiya ZE Quartz + MAMIYA SEKOR 50mm F1.7 / AGFA PHOTO VistaPlus200


    2011年の新燃岳噴火の時には、言葉にできないくらいの
    大量の火山灰に苦しみました。


    我が家にも 何百キロもの火山灰が積もって 1ヶ月以上も
    灰の処理に時間を要しました。


    今回も活発に火山活動を続けている新燃岳ですが
    灰は、それなりに降ってくるものの 桜島の灰とさほど変わらない
    量とも感じられるくらいで 今の時期、風向きが鹿児島に向かって
    いるので いつこちらに向かってくるのか 常に風向きに注意を
    しています。


    マグマがたまりにたまって突然、爆発するよりも
    ちょこちょこ爆発してくれた方が、正直・・降灰の量も一定に
    なるので、私としては 定期的に噴火してくれる方が
    2011年の時のように 空が真っ暗になり大量の灰や小石が
    降ってくる状況にならなくて済んでいると感じています。


    新燃岳の空振や爆発音を聞くたびに憂鬱になります。



    関連記事
    comment (-) @ 日記
    投稿しなくなった写真サイトのこと | カメラのモルト交換をやりました。